キャッシングは借金の需要と供給を等しくしてくれました

  • 投稿日:
  • by

金融機関からお金を借りる時には、貸し出し審査と言う壁を越えなければならないのです。

昔はこの貸し出し審査の壁が高く、なかなかこの壁を越えてお金を借りる事が出来なかったのです。

しかもこの壁を越えてお金が借りられたとしても、今度は高い金利が待ち受けていました。

高い金利のおかげで利息が高くなってしまい、借りたお金にプラスされる利息が重い負担となっていました。

ですから昔は金融機関から借金をする人が少なかったのです。

所が法改正により金利が引き下げられ、利息の負担が軽減されたのです。

更にキャッシングと言うものが誕生して、貸し出し審査の壁もかなり低くなったのです。

つまり今まで金融機関からお金を借りづらかった二つの足かせが取れたのです。

キャッシングの誕生によってそれまで借金がしたくても出来なかった人たちが一斉にお金を借りるようになり、たちまちキャッシングは私たちの身近な借金の手段となったのでした。

キャッシングの誕生によって、借金の需要と供給が等しくなったと言えます。